Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://mistuaki.blog38.fc2.com/tb.php/100-54c53b76

-件のトラックバック

-件のコメント

[C65] 真の王者

 イーグル京和選手、タイ国より日本国に渡り、努力と運で世界タイトルを掴んだ選手。彼は幼き日、
わずかなお金を払えないために船にのることが出来ず、学校に通うため、毎日泳いで河を渡ったといいます。そして母の治療費を払えないため病院に連れて行くことが出来ず、若くして母を亡くした人でもあります。現在の世界の貨幣経済システムは、時に激しい怒りを覚える現象を引き起こします。極悪人を擁護したり、罪なき人を不当に苦しめたりします。がしかし、彼に悲壮感はありません。リングの上では対戦相手に敬意を払い、真剣そのもの。普段はとても穏やかで礼儀正しく、友好的で、微笑んでいます。しかし悲しいことに彼の試合は亀田選手のようにゴールデンタイムなどで放送されることはありません。世界タイトルマッチであるにもかかわらずです。故に、世間ではボクシングが好きな人以外は彼を知る人は少ないでしょう。実にもったいないことです。僕がテレビのプロデューサーだったら、とりわけ若者たち、そして、何か悩んだり、引きこもったりしている人たちに向けて、目にする機会が多いゴールデンタイムでストーリー仕立てのスペシャル番組として放送します。それほどまでに素晴らしい人間です。
  • 2006-05-11
  • 片岡隆太郎
  • URL
  • 編集

[C66] 川島光明

片岡さんこんにちは。
聞けばイーグル選手は試合中に眼の下を骨折していたと言います。しかも序盤から。
そして反対の眼も瞼をカットしていました。
両眼の視界を遮られながらも勝利をもぎ取ったのです。
普通なら諦めるのが当たり前の状況だったと思います。
それでも戦い続けたのは、彼の勝利への凄まじい執念はもちろんのこと、家族のため、応援してくれる人たちのためだったと思います。
見習わなければいけない所が多すぎて、ため息が出てしまいます。
  • 2006-05-13
  • 川島光明
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

イーグル京和vsロデル・マヨール

まさに世界最高峰の戦いでした。
これほどまで胸が熱くなる試合を観るのはいつ以来でしょう。
しかもそれが異国の者同士によるものなのだから、まるで初めてのことです。
それぞれ幼い頃は貧しい生活を送り夢を掴むために日本に来て、互いに背負っているものを拳に込めてリングの上でぶつけ合う姿は、とても美しいとは言えませんでした。
人生を潰し合っているようで痛々しく切なかったです。
僕がこんなにも感情的になってしまうのは深夜だからではありません。
本当に素晴らしい試合でした。
ちなみにこれはボクシングの話です。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://mistuaki.blog38.fc2.com/tb.php/100-54c53b76

0件のトラックバック

2件のコメント

[C65] 真の王者

 イーグル京和選手、タイ国より日本国に渡り、努力と運で世界タイトルを掴んだ選手。彼は幼き日、
わずかなお金を払えないために船にのることが出来ず、学校に通うため、毎日泳いで河を渡ったといいます。そして母の治療費を払えないため病院に連れて行くことが出来ず、若くして母を亡くした人でもあります。現在の世界の貨幣経済システムは、時に激しい怒りを覚える現象を引き起こします。極悪人を擁護したり、罪なき人を不当に苦しめたりします。がしかし、彼に悲壮感はありません。リングの上では対戦相手に敬意を払い、真剣そのもの。普段はとても穏やかで礼儀正しく、友好的で、微笑んでいます。しかし悲しいことに彼の試合は亀田選手のようにゴールデンタイムなどで放送されることはありません。世界タイトルマッチであるにもかかわらずです。故に、世間ではボクシングが好きな人以外は彼を知る人は少ないでしょう。実にもったいないことです。僕がテレビのプロデューサーだったら、とりわけ若者たち、そして、何か悩んだり、引きこもったりしている人たちに向けて、目にする機会が多いゴールデンタイムでストーリー仕立てのスペシャル番組として放送します。それほどまでに素晴らしい人間です。
  • 2006-05-11
  • 片岡隆太郎
  • URL
  • 編集

[C66] 川島光明

片岡さんこんにちは。
聞けばイーグル選手は試合中に眼の下を骨折していたと言います。しかも序盤から。
そして反対の眼も瞼をカットしていました。
両眼の視界を遮られながらも勝利をもぎ取ったのです。
普通なら諦めるのが当たり前の状況だったと思います。
それでも戦い続けたのは、彼の勝利への凄まじい執念はもちろんのこと、家族のため、応援してくれる人たちのためだったと思います。
見習わなければいけない所が多すぎて、ため息が出てしまいます。
  • 2006-05-13
  • 川島光明
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

みつあき

Author:みつあき
FC2ブログへようこそ!

☆ネットラジオ「イチ・ニのわっしょい!」

※PCで聞けるインターネットラジオ始めました。

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。