Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://mistuaki.blog38.fc2.com/tb.php/123-847b77b9

-件のトラックバック

-件のコメント

[C83] Samurai Blue

学のある川島さんのお言葉頂戴いたします。
私の愛読書といえば年に一度の「少年文芸」。

昨日のブログからの流れもあり、青が散ると聞いて、本日のSamurai Blueの結果の、川島さんなりの予言かと思ってしまいました。

ああ、学が無い……
  • 2006-06-22
  • シャンプードリンカー
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

青が散る

夏に読んで欲しい一冊の本を紹介させて頂きます。
宮本輝の『青が散る』という小説です。
タイトルからして何とも言えない切なさが漂っています。
僕らのコンビ名もそれに変えたいぐらいですが、雰囲気が湿っぽくなりそうなのでやめておきます。
物語の舞台は大学のテニス部。スポーツを通した友情や恋愛。ありがちながらもみずみずしくリアルに描かれています。
小説の中に、「大学の四年間は人生で一番長い休暇だ」と書いてあります。
僕は痛く共感しました。
何の制限もなく、すべてにおいてやりたい放題の四年間だったからです。
ただただ楽しくて、この時間が永遠に続く気がしていました。
でもそんなはずはなく、そのツケを今でもちょっとずつ返している状態です。
戻れるものなら戻りたい場所だけれど、そう考えてはいけません。
そっとそこにそのままで、かすかに輝くべきものだからです。
もし子供が生まれたら、どんなことをしてでも大学に行かせようと思います。
お金が無い場合は借金してでも。
本人が希望しない場合は殴ってでも。
それぐらい価値のある場所だと思っています。
そんな思いに浸る小説『青が散る』。ぜひ読んでみて下さい。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://mistuaki.blog38.fc2.com/tb.php/123-847b77b9

0件のトラックバック

1件のコメント

[C83] Samurai Blue

学のある川島さんのお言葉頂戴いたします。
私の愛読書といえば年に一度の「少年文芸」。

昨日のブログからの流れもあり、青が散ると聞いて、本日のSamurai Blueの結果の、川島さんなりの予言かと思ってしまいました。

ああ、学が無い……
  • 2006-06-22
  • シャンプードリンカー
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

みつあき

Author:みつあき
FC2ブログへようこそ!

☆ネットラジオ「イチ・ニのわっしょい!」

※PCで聞けるインターネットラジオ始めました。

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。