Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://mistuaki.blog38.fc2.com/tb.php/140-df9d18c7

-件のトラックバック

-件のコメント

[C97] 見えぬものこそ。

こんにちは。三度、電車女です。

私がジブリ作品で一番好きなのは、『耳をすませば』です。
「好きなひとが、できました。」という惜しげもない素直な宣言。
恋って素敵だなって思える作品です。
雫役の本名陽子ちゃんの声が、透明感があって、すごく好きです。
聖司役の高橋一生くんの声も、かっこいいです。

かわしーおすすめの『ホーホケキョ となりの山田くん』は、まだ見たことないので、見てみたいと思います。

そんな、人々の純粋な気持ちを呼び起こすと思われている数々のスタジオジブリの作品ですが、私は戦闘シーンとか、画面にぐわーっと迫ってくる描写が好きではないため、結構苦手です。
しかも、ジブリ作品が好きなら、純粋な気持ちの持ち主、みたいな風潮もすごく嫌です。
自分があの描写を好きになれないからかな・・・。
だけど、『耳をすませば』は、現実っぽい普通の作品だから、とっても好きなんです。

そんな、私の中では賛否両論なスタジオジブリが今回公開する最新作が、『ゲド戦記』ですが、この作品には、とても興味を抱いています。
まず、「見えぬものこそ。」っていう言葉に惹かれました。
それで、作品紹介を読んでいくと、「生」と「死」、「今を生きること」、「自分の内にこそ答えがあること」という、哲学的な内容になっていることがわかり、非常に見たい衝動に駆られました。
でも、「戦記」というからには、やはり戦闘シーンがあるんでしょうか・・・。そこら辺が気がかりではあるのですが・・・。

それで、この映画の内容が、最近身辺に変化が起きた片想いの彼に伝えられるといいなぁって思ったんです。叶わないことかもしれないけど、この映画を、彼といっしょに見たいと思いました。

あぁ・・・『サマータイムマシンブルース』みたいに、私も映画に誘われたい。
  • 2006-07-22
  • 電車女
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

風の谷のカワシマ

宮崎アニメで何が好きかと聞かれたならば、僕は『風の谷のナウシカ』と答えます。
ストーリーが良いのはもちろんのこと、何よりナウシカが好きなのです。
勇敢で優しくて、人のために自分の身を犠牲にする凛々しい姿に心惹かれます。
父親が殺され悲しみに暮れている時、傍にいて支えてあげたかった。
出来ることなら身代わりになって王蟲の群れに飛び込みたかった。
手と手を取って金色の野を二人で歩きたかった。
でも二人の間には、アニメと現実という、どうにも越えられない高い壁が立ち塞がっています。
現代の科学ではどうしようもない状況。為す術なし。あらがえない運命。
次に生まれ変わって来た時こそ、一緒になれるよう永遠の愛を誓います。
また、ジブリアニメで他に好きな作品と言えば。
意外なところで『ホーホケキョとなりの山田くん』です。
ほのぼのとした雰囲気の中に、たくさんの笑いが盛り込まれています。
そのセンスは秀逸で、僕は声を出して笑ってしまうほどです。
まだの方は是非ご覧になってみて下さい。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://mistuaki.blog38.fc2.com/tb.php/140-df9d18c7

0件のトラックバック

1件のコメント

[C97] 見えぬものこそ。

こんにちは。三度、電車女です。

私がジブリ作品で一番好きなのは、『耳をすませば』です。
「好きなひとが、できました。」という惜しげもない素直な宣言。
恋って素敵だなって思える作品です。
雫役の本名陽子ちゃんの声が、透明感があって、すごく好きです。
聖司役の高橋一生くんの声も、かっこいいです。

かわしーおすすめの『ホーホケキョ となりの山田くん』は、まだ見たことないので、見てみたいと思います。

そんな、人々の純粋な気持ちを呼び起こすと思われている数々のスタジオジブリの作品ですが、私は戦闘シーンとか、画面にぐわーっと迫ってくる描写が好きではないため、結構苦手です。
しかも、ジブリ作品が好きなら、純粋な気持ちの持ち主、みたいな風潮もすごく嫌です。
自分があの描写を好きになれないからかな・・・。
だけど、『耳をすませば』は、現実っぽい普通の作品だから、とっても好きなんです。

そんな、私の中では賛否両論なスタジオジブリが今回公開する最新作が、『ゲド戦記』ですが、この作品には、とても興味を抱いています。
まず、「見えぬものこそ。」っていう言葉に惹かれました。
それで、作品紹介を読んでいくと、「生」と「死」、「今を生きること」、「自分の内にこそ答えがあること」という、哲学的な内容になっていることがわかり、非常に見たい衝動に駆られました。
でも、「戦記」というからには、やはり戦闘シーンがあるんでしょうか・・・。そこら辺が気がかりではあるのですが・・・。

それで、この映画の内容が、最近身辺に変化が起きた片想いの彼に伝えられるといいなぁって思ったんです。叶わないことかもしれないけど、この映画を、彼といっしょに見たいと思いました。

あぁ・・・『サマータイムマシンブルース』みたいに、私も映画に誘われたい。
  • 2006-07-22
  • 電車女
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

みつあき

Author:みつあき
FC2ブログへようこそ!

☆ネットラジオ「イチ・ニのわっしょい!」

※PCで聞けるインターネットラジオ始めました。

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。