Entries

甲子園のイケメンたち

高校野球日本一となった、早稲田実業の斎藤投手のイケメンぶりが巷で話題となっています。
そのイカした顔面に加え、クールな剛腕と称されるように高校生離れした落ち着いたマウンドさばきは、野球好きな人でなくとも感心させられたのではないでしょうか。
そしてかつて甲子園を湧かせたイケメンと言えば、ダルビッシュ有投手が記憶に新しいところです。
さらに遡ること10年以上も前。僕が高校1年生の時。
あの星稜高校の松井秀樹選手が全打席敬遠策を取られた大会。
そこに僕が今まで見た中で最もイケメンな球児がいました。
それは香川県代表尽誠学園の渡辺という投手です。
目深に被った帽子の奥の、大きな瞳から放たれる鋭い眼光に僕は釘付けでした。
何より学校の成績もトップクラスだということが、イケメンの価値を更に引き上げていたと思います。
パイロットになるために大学に進学する、という情報を最後に彼は僕の前から姿を消しました。
あれから10年以上が経ちます。
人生は自分の思い通りになるとは限りません。
もし彼がパイロットになっていなくとも、それはそれで良いと思います。
人生いろいろ。
それはイケメンも同じなのです。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://mistuaki.blog38.fc2.com/tb.php/157-02288dc4

0件のトラックバック

2件のコメント

[C112]

こんにちは。電車女です。

ひとつお知らせですが、松井は、「秀樹」ではなく、「秀喜」です。

松井の5打席連続敬遠の大会は、当時中学2年だった私が、最も高校野球にはまっていた時の大会で、懐かしく思い出しました。
尽誠学園の渡辺投手も見ていたとは思うのですが、顔は忘れてしまいました・・・。

だって、中学2年の乙女だった私がはまっていたエースは、別にいたのです。
なんと、かわしーの高校の2年生エースです。
ファンレターまで送るという気の入れようでした。
しかも、ファンレターの返信をくれるとても優しいエースだったので、テンションあがりまくりでした。
高校野球に憧れを抱いていた私には、青春時代のとてもいい思い出です。
手紙の色は褪せるかもしれませんが、あの頃の淡い想いは、これからも一生色褪せることがないでしょう。
  • 2006-08-26
  • 電車女
  • URL
  • 編集

[C113] 川島光明

電車女さんこんにちは。
僕の通っていた高校の当時の二年生エースというと、イケメンとはほど遠い人だった気がします。
しかしながら甲子園へと導いた中心的な存在。
幾分か見た目の評価が水増しされるのも分かります。
そういう意味でも甲子園は、出ておいた方が良い場所です。
松井選手の名前に関しては慎んで訂正させて頂きます。
松井選手の名誉を深く傷付けてしまったことを深くお詫び致します。
  • 2006-08-28
  • 川島光明
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

みつあき

Author:みつあき
FC2ブログへようこそ!

☆ネットラジオ「イチ・ニのわっしょい!」

※PCで聞けるインターネットラジオ始めました。

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索