Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://mistuaki.blog38.fc2.com/tb.php/262-6b70749d

-件のトラックバック

-件のコメント

[C198] 25度の不思議・・・

 おはよ~です(^^)/
今朝も朝早くから、ミンミンと鳴いております。
セミと聞いて思い出すのは、ある随筆です。
川島さんが仰ってるセミの生命の神秘と・・・
気温が、確か??「25度」だったかなぁ?
その温度になると、一斉にセミが鳴くって。
セミが気温を察知して、一斉に鳴く!!
ちゃんと暑くなれば鳴く!25度になれば、
不思議とちゃんと鳴く。それを読んで自分の
「25度」まで頑張ろう!って、思いました。

いやいや、しっかし暑い(--;昨日は風が
ありましたが…朝から暑い!!おかんは
暑いのは苦手です。

今日も一日、猛暑になりそうです。
ご自愛くださいm(_)m
  • 2007-08-04
  • 埼玉のおかん(^^)v
  • URL
  • 編集

[C199]

このセミさんは孵化してから1週間の間に、川島さんに恩返しも復讐もしなくちゃならないので、とっても忙しいことでしょう。
ぺぺの希望としては、セミさんの恩返しで、また「エンタの神様」に出演していただけるようになるといいなぁ…なんて、自分勝手な恩返しを想像しちゃいました。
復讐は、おしっこかけるくらいが妥当な線でしょうか?

[C200] その蝉の正体は・・・

 その蝉はおそらく、もともとは東京にいるはずのない蝉です。こんなことを言うとなにか怪談話のようですが、その理由はと言いますと、TVでみたのですが、コンクリートジャングル東京に緑を増やそうと、東京都の行政機関は、数年前、東京都から離れた
緑豊かな遠くの県から大量の木を持ってきて、東京都の各地に植えました。緑を増やそうという試み自体はすばらしいことだと思うのですが、そこで予想しなかったことが起こったのです。他県からもってきた木に、蝉も一緒にくっついていて、その蝉が大量に発生したのです。調べてみると、もともと東京には存在しないはずの蝉だったのです。そして生態系にも微妙な影響を与えたようです。川島さんが助けた蝉も慣れない東京で、脱皮するのに手こずっていたのかもしれません。その蝉は、思ったはずです。なにか知らないうちに連れてこられた東京だけど、親切な人間がいるのだな、と。きっとその蝉は仲間にも語ることでしょう。この間、親切な人間に出会ったと。東京という都会もなかなかすてたもんじゃないと。そして東京に連れてこられた蝉たちは、東京の自然に一役買おうか、と話し合っていると思います。
  • 2007-08-04
  • 隆太郎
  • URL
  • 編集

[C204] 川島光明

隆太郎さん、ペペさん、埼玉のおかんさんこんにちは。
僕が助けたセミも、もうそろそろ息絶える頃だと思います。
精一杯鳴いて、笑った一生であって欲しいです。
関係ありませんが『蝉しぐれ』という映画が良いので、是非見て下さい。
松たか子のお兄さんが主演です。
  • 2007-08-10
  • 川島光明
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

蝉しぐれ

20070804012103
セミを拾いました。
セミといっても成虫ではなく、幼虫というかさなぎというか、まだ抜け殻になる前の茶色いやつです。
そのセミが、歩道にいるのを見付けたのです。
このままでは確実に人間に踏まれてしまいます。
セミは3年も土の中で過ごし、成虫になって外に出ても1週間しか生きられません。
せっかくもうじき成虫となるセミを、僕は放っておくことが出来ませんでした。
なのでそいつを指でつまみ、そばにある大きな木に乗せてあげました。
良いことをした。もしかしたら、セミが恩返しに来るかもしれない。
そんなおとぎ話のようなことを想像しながら、その場を離れました。
数時間後、またその木のある場所を通った際のことです。
もうだいぶ、上の方に登ってしまっただろうなと思いながらも、木の方を見ていました。
すると、まださっきの位置に虫の影らしきものがあるのです。
移動してなかったのです。
そしてその影がなんだか、さっきより大きくなっているようにも見えました。
近付いてみてビックリ。
さなぎの背中から、白くてツヤツヤしたものが飛び出しているではありませんか。
その白いものこそ、セミの成虫本体でした。
見るもの全てに不快感を与えるような、気味の悪い絵面。
生命の神秘の裏に隠された、えげつないほどに醜い状態を見てしまいました。
セミも、自分のそんな姿は見せたくなかったかもしれません。
気を効かせて、白いものを引っ張り出してあげるこもも出来たのですが、そこまで勇気が出ませんでした。
とりあえず写真だけ撮って、素早く立ち去りました。
その写真を載せておきます。
恩返しどころか、そんな恥ずかしい写真を撮られたセミが、復讐に来るんじゃないかと不安でなりません。
セミの恥ずかしい写真。
ご覧下さい。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://mistuaki.blog38.fc2.com/tb.php/262-6b70749d

0件のトラックバック

4件のコメント

[C198] 25度の不思議・・・

 おはよ~です(^^)/
今朝も朝早くから、ミンミンと鳴いております。
セミと聞いて思い出すのは、ある随筆です。
川島さんが仰ってるセミの生命の神秘と・・・
気温が、確か??「25度」だったかなぁ?
その温度になると、一斉にセミが鳴くって。
セミが気温を察知して、一斉に鳴く!!
ちゃんと暑くなれば鳴く!25度になれば、
不思議とちゃんと鳴く。それを読んで自分の
「25度」まで頑張ろう!って、思いました。

いやいや、しっかし暑い(--;昨日は風が
ありましたが…朝から暑い!!おかんは
暑いのは苦手です。

今日も一日、猛暑になりそうです。
ご自愛くださいm(_)m
  • 2007-08-04
  • 埼玉のおかん(^^)v
  • URL
  • 編集

[C199]

このセミさんは孵化してから1週間の間に、川島さんに恩返しも復讐もしなくちゃならないので、とっても忙しいことでしょう。
ぺぺの希望としては、セミさんの恩返しで、また「エンタの神様」に出演していただけるようになるといいなぁ…なんて、自分勝手な恩返しを想像しちゃいました。
復讐は、おしっこかけるくらいが妥当な線でしょうか?

[C200] その蝉の正体は・・・

 その蝉はおそらく、もともとは東京にいるはずのない蝉です。こんなことを言うとなにか怪談話のようですが、その理由はと言いますと、TVでみたのですが、コンクリートジャングル東京に緑を増やそうと、東京都の行政機関は、数年前、東京都から離れた
緑豊かな遠くの県から大量の木を持ってきて、東京都の各地に植えました。緑を増やそうという試み自体はすばらしいことだと思うのですが、そこで予想しなかったことが起こったのです。他県からもってきた木に、蝉も一緒にくっついていて、その蝉が大量に発生したのです。調べてみると、もともと東京には存在しないはずの蝉だったのです。そして生態系にも微妙な影響を与えたようです。川島さんが助けた蝉も慣れない東京で、脱皮するのに手こずっていたのかもしれません。その蝉は、思ったはずです。なにか知らないうちに連れてこられた東京だけど、親切な人間がいるのだな、と。きっとその蝉は仲間にも語ることでしょう。この間、親切な人間に出会ったと。東京という都会もなかなかすてたもんじゃないと。そして東京に連れてこられた蝉たちは、東京の自然に一役買おうか、と話し合っていると思います。
  • 2007-08-04
  • 隆太郎
  • URL
  • 編集

[C204] 川島光明

隆太郎さん、ペペさん、埼玉のおかんさんこんにちは。
僕が助けたセミも、もうそろそろ息絶える頃だと思います。
精一杯鳴いて、笑った一生であって欲しいです。
関係ありませんが『蝉しぐれ』という映画が良いので、是非見て下さい。
松たか子のお兄さんが主演です。
  • 2007-08-10
  • 川島光明
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

みつあき

Author:みつあき
FC2ブログへようこそ!

☆ネットラジオ「イチ・ニのわっしょい!」

※PCで聞けるインターネットラジオ始めました。

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。