Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://mistuaki.blog38.fc2.com/tb.php/484-2c547736

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

3月16日

3月16日というのは、僕にとって忘れられない日です。
16年前の今日、僕は高校を卒業しました。
友達も少ないし、誰かに慕われていたわけでもありませんでしたが。
僕は卒業はしたくないと、この日までずっと思っていました。
僕には、好きな女の子がいました。
3年間、ずっと好きでした。
でも、1度も話をしたことがありませんでした。
挨拶すら、交わしたことはありません。
ただ見ているだけで、幸せでした。
それができなくなってしまうから、僕は卒業したくなかったんです。
ですが、最後の最後。
卒業式の前日に、たった1言だけ、言葉を交わすことが出来たんです。
それだけで、僕は幸せでした。
強がりでも、負け惜しみでもありません。
たった1言でしたが、とても、すがすがしい気分でした。
3年間、好きでいて良かったなと思いました。
クラスの人気者でもなく。
女の子の友達もなく。
どうしようもない高校生がだった僕が、精一杯ふりしぼった、小さな勇気でした。
もしかしたら、その子には不快な思いをさせてしまったかもしれません。
その分、僕はその子の幸せを願っています。
まあ、願うまでもなく。
きっともう結婚して、幸せな家庭を築いていることでしょう。
友達の少なかった僕には。
そんな風の噂すら、入ってきません。

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://mistuaki.blog38.fc2.com/tb.php/484-2c547736

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

みつあき

Author:みつあき
FC2ブログへようこそ!

☆ネットラジオ「イチ・ニのわっしょい!」

※PCで聞けるインターネットラジオ始めました。

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。